人材ビジネスニュース

HOME > 業務案内 > 人材ビジネスニュース

偽装請負について

大手メーカーやその関連企業での偽装請負発覚がクローズアップされています。
また行政指導や勧告を受けていないまでも実質的には偽造請負を行っている企業も少なくはありません。

人材ビジネス業界はここ数年で急激に成長したため、コンプライアンス(法令遵守)に対する知識、対策が遅れているのが実情です。法違反をしている事自体を理解せずに偽装請負の提案をする企業(派遣元)も少なくありません。
また派遣先であるメーカー等の認識不足、或いは誤認が見られる傾向にあるのは紛れもない事実であります。

偽装請負とは表面上は請負契約を結んだ上で、請負会社(派遣元)が自らの労働者を指揮監督せずに、発注者(派遣先)が直接的に請負会社の労働者に指揮命令をして、業務を遂行しているケースをいいます。
本来の請負とは、メーカーから独立し、物の製造を委託され納品をする行為のことであくまで労働者の指揮命令は請負会社が遂行しなければならないことをいいます。

違法派遣(違法雇用)について

また派遣社員を違法に雇用する派遣会社や請負業者も多いようです。
例えば派遣社員が社会保険や厚生年金、雇用保険等に入らなければならない条件下にあるにもかかわらず加入をさせず、(中には要求があっても拒む業者も)労働をさせ、それらの納付をせずに不当な利益を上げていたりする悪質な業者もいます。

偽装請負や違法派遣を回避するには?

偽装請負を回避するには以下の条件を満たす必要があります。

  • 指揮命令系統を派遣先並びに派遣元企業がしっかりと把握をすること
  • コンプライアンス(法令遵守)が整備されているパートナー企業を選ぶこと
  • 労働環境に適した契約書を作成すること
  • 労務関係の相談ができる担当者がいる派遣元企業を選ぶこと

村松商事は、安心してアウトソーシングをご利用いただくためにコンプライアンス(法令遵守)を最重視しています。

ページトップへ